アコムマスターカード 水商売

水商売の方がアコムマスターカードを作るコツ


インターネットのホームページなどを見ると、水商売の方がカードを作る時は職業を正しく申告せず、主婦として申し込めば審査に通る、などと記載されているサイトがあります。しかし、この情報は大きな間違いです。

 

専業主婦の方でしたら、ご主人の同意書などが必要になりますし、兼業主婦でしたら、勤め先の情報を求められます。(アコムの場合は、専業主婦の方の申し込みは、ご主人の同意があっても断られます)

 

水商売の方がアコムマスターカードを申し込む時は、正直に、勤務先の会社名、連絡先などを申告し、仕事内容もきちんと伝えたほうが、審査に通る可能性は高くなります。

 

水商売もパートタイマーなどと同じ扱い

これは、実際に水商売の仕事をしている方が、アコムのコールセンターに電話をして聞いたことですが、アコムの審査では、水商売はアルバイトやパートタイマーと同じ扱いになり、あくまでも、収入や返済能力、信用情報などを基準にして融資の可否が決められているようです。

 

そして、勤務先に在籍確認が必ず取れる状況であれば、アコムマスターカードの審査に通る可能性は、グンと高くなります。もちろん、水商売と言ってもピンからキリまでありますし、グレーな仕事でしたら審査に通らない可能性もあります。

 

審査では人間性も見られる?

水商売の方は、一般的に短期でお店を辞めてしまったり、他の店に移ってしまう傾向があります。したがって、月収が高くても、毎月の収入としては安定度が低く見なされるので、審査に通っても、利用可能額は少なく設定される可能性が高いです。

 

最後に、職種の信用性という点で少しの不利がある水商売の方は、カードの申込みをした後にアコムからかかってくる電話で、自分の誠実性をきちんと伝えましょう。

 

さらには、勤務先を変える予定がある、毎月の収入が安定していない、出勤日が決まっていない、といったことを伝えるのはNGです。