アコムマスターカード フリーター

アコムマスターカード、フリーター審査厳しい?


働き方が多様化して、フリーターという生き方もすっかりと定着してきました。最近では、長引く景気低迷の影響で、やむを得ずフリーターの道を選んでいる方も少なくありません。

 

こうしたフリーターの方たちはカードが作れない、金融会社から借入ができないと思われがちですが、ある程度、長い期間の雇用が約束されている場合は、アコムマスターカードの申込みができます。

 

フリーターの方は、雇用形態としてはアルバイトやパートと同じになりますから、短期や単発の仕事でない限り、「継続的に安定した収入がある人」と見なされ、毎月のアルバイト代を基にカードの審査が行なわれます。

 

申し込み時は、アルバイトとして申告しましょう!

フリーターは仕事ではなく、働く「スタイル」です。勤務形態はアルバイトと同じですから、アコムマスターカードの申込み時には、勤務形態はアルバイトを選択しましょう。

 

申込みが終わったら、アコムのスタッフから登録した電話番号に連絡が来るので、この時に「自分はフリーターです」と伝えないようにしましょう。なぜなら、フリーターだと、仕事を転々とするので、収入が途絶える可能性が高いと捉えられれる可能性が高いからです。フリーターであるのにアルバイトであると申告するのは、虚偽ではなく、むしろ、正しい申告なので、その点は安心してください。

 

勤務先への在籍確認に注意!

アコムマスターカードを申し込んだら、勤務先に在籍確認の電話がかかってきます。電話は個人名でかかってきますが、社員の場合と違って、アルバイトの身で私用電話がかかってくるというのは、勤務先によってはマイナスになってしまうこともあるでしょう。この点をよく考えて、勤務先に対する説明などをあらかじめ考えておけば、後のトラブルを防げます。