アコムマスターカードの審査は緩い?厳しい?

アコムマスターカードの審査は緩い?厳しい?

口コミイメージ

ローンなどのお金関係の申し込みを行う際に必ず、勤続年数を書く欄がありますよね。

 

審査が甘いでどんな影響を与えるのかが気になったので調べてみました。

 

アコムマスターカードの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

 

審査が甘いでは返済履歴などの信用情報のように重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそれほど大きな影響を与えないという説もあります。

 

ただ、最近では転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報を書いてしまおうか考えてしまう人もいます。

 

そこで古いクレジットカードの利用履歴が紹介して出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

 

家事手伝いと専業主婦、両方とも仕事で収入を得ていないのは同じですが、クレジットカードを作る際に大きな違いがあります。

 

職業欄に家事手伝いを記載した場合はほとんどのカード会社で審査が甘いに落ちるという話もあります。

 

逆に主婦の場合は、カード会社次第ですが審査が甘いに通ることがあります。

 

なぜかというとどちらも収入はないのは同じですが、養ってくれる夫の存在があるからです。

 

夫が正社員として継続して安定した収入があれば返済もできるだろうとカード会社は判断できるためです。

 

作ってもあまり使わないということもあるためカードを新たに作る場合は年会費無料のカードを利用しましょう。

 

買い物をする際に現金の持ち合わせがないときやネットショッピングなど利用する場面のどんどん増えてきているクレジットカードですが新社会人の方などはまだ所持していないことがあります。

 

最近では、ライブなどのイベントで転売防止で電子チケットが採用されることも増え、クレカ払いのみ可能なんていうこともあります。

 

そんな時に、クレカを持っていない場合、諦めてしまうこともありますが即日発行できるカードも存在しています。

 

主に、イオンカードや消費者金融系のカード会社です。

 

流れとしてはWEB申し込みをして審査が甘いが30分以内に終わり、合格していれば店頭でその日のうちに受け取れます。

 

仕事先の人にあまり知られたくないことってありますよね。

 

ローンを組むことやアコムマスターカードを作ることと答える人は多いと思います。

 

そのため、クレカが欲しいのに在籍確認の電話の有無やその際にどんな質問をされるか不安で申し込めないという方もいるようです。

 

そもそも本当に在籍確認がかかってくるのかを調べてみたところ、カードを作った300人に対してアンケートを行った結果、300人のうちの約2割の人が電話がかかってきたという結果になっていました。

 

そのため、絶対に連絡のないカード会社はないということです。

 

ただ、カード会社によってはその確率が低くなることもあります。

 

例えば、スピード審査が甘いをウリにしている会社は連絡の確率は低くなると言われています。

 

大きい買い物をする際やネットでの買い物、電子チケットなど色々な場面で便利なクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

 

まだカードを作っていない人にとって心配なのは審査が甘い基準がどうなっているのかわからず審査が甘いに落ちるかもしれないということです。

 

基本的に審査が甘いで重要とされているのが信用情報です。

 

クレジットヒストリーとは、ローンや公共料金などの支払い履歴のことです。

 

審査が甘いの際にカード会社はこの情報を記録している機関に情報照会をして過去に未納や滞納を起こしていないかを確認しています。

 

住宅ローンなどでもクレジットヒストリーは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

 

ここ数年で、イベントなどで電子チケットが普及してきました。

 

場合によってはアコムマスターカード払いのみなどクレカを持っているのが当然のようになっていると言っても過言ではないです。

 

そのため、クレジットカードの申し込みで審査が甘い通らないということがないように重要なポイントをチェックしておきましょう。

 

審査が甘いの際に重要なのは安定した収入があるかや職業などの申込者の属性がどうなのか、クレヒスは問題ないかという部分です。

 

例えば、正規雇用ではなく非正規雇用の場合は審査が甘いが厳しくなると多くの人から言われています。

 

信用情報については支払い期限があるものがちゃんと払われるかを見られています。

 

最近、イベントのチケットなどで先行分はクレカ支払いのみなどアコムマスターカードが必要な時が増えてきました。

 

現在、クレカを持っている方はいいのですが持っていない場合はカード会社に申し込んで発行しなければいけません。

 

初めてカードを発行する場合、特に心配なのが審査が甘いがどうなっているのか、基準は厳しいのかということです。

 

審査が甘いのポイントとしては、安定した収入があるのかという部分とローンや公共料金の支払い滞納がないかなどの信用情報です。

 

収入面は返済能力に問題がないか、信用情報は滞納せずに返済してもらえるのかを見ています。

 

クレジットカードをまだ持っていない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでいないという人もいるようです。

 

都市伝説のように言われている契約社員やアルバイトではカードが作れないという話の影響も多少ありそうです。

 

結果から言うとアルバイトなどの非正規雇用でも作ることはできます。

 

では、非正規雇用でカードを作る際の審査が甘いで重要なことはなんでしょうか。

 

それは、年収に見合ったカードに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に傷がないかが大切だとされています。

 

カード会社やカード種別に想定している条件があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方で30代以上の方向けと言うように設定されています。